トップページ

従来の第一サイトはこちらです。→ http://www.karankoron.com/  カランコロンドットコム
このページは新しい第二サイト karankoron2.com です。

こんにちは!盛岡の下駄屋赤い花緒のじょじょです。
当工房は北上山中の山奥にあります。冬は氷点下16度にもなります。ここで密かに天狗下駄を作っているんですよ。天狗さんから教わった秘儀秘密の一本歯下駄です。

  • 当工房はちょうど正確に、岩手山早池峰山のライン上に位置します。ここで作る一本歯下駄は、街で作る下駄とはちょっと違うんです。 ここには天狗が居るんです。天狗が山を行ったり来たりしているんですよ 。天狗に頼まれて天狗の履く 一本歯下駄下駄 を作っているのです。 けっして冗談ではないのです。
  • 昔からの言い伝えでは、天狗には一定の通り道や聖域があり、そこはこの世と異世界との境目になっており、怪異現象が見られと言われます。
  • 天狗が言うんです。、「もし、わしのために一生下駄を作ってくれるなら、一生かかっても作ることができない身に余るほどの桐材を与えよう。そうです。ここ岩手県では柾目のきれいな優良南部桐が採れるのです。
  • 天狗から頼まれる一本歯下駄は高さが高いのが特徴です。しかし一般の人間がそれを履いたら転んでしまいます。人間の履く現在の一本歯下駄の主流は高さの低い普段履き用兼トレーニング用的なものです。高さの高い一本歯下駄ですと、あまり利用されず、ついにはお蔵入りになるようです。その理由は、「一本歯下駄は そもそも根本的に天狗の履く異形の履物だからです」。興味から購入する人が多いのですが、目的を持って一本歯下駄を選びましょう。
  • 以下、具体例を上げておきますので、参考にしてください。
    具体例- 私は街歩き兼トレーニング用を履いております。一本歯下駄サイズ22、巾9.5㎝、高さ8㎝。
    例えば、私は男普通体格小柄、身長162、体重56、マラソンシューズ26(足指の横巾が広い下駄足のため少し大きめの靴を履いている)。実際の足サイズは23.5センチです。(実際の足のサイズが23.5なのに靴サイズは26?)低目一本歯を愛用しております。かかとは3〜5センチは当然はみ出します。足は花緒の前緒の奥まで入れません。下駄の後方角はかかとのでん部に乗っているため痛くありません。目的は近所の散歩、スーパーやホームセンターでの買物、本屋の立ち読み、旅行先、卓球の練習など、できるだけ履き歩くことに利用しています。下駄サイズが小さいと足さばきが良くなること、目立たないため、街を気兼ねなく、かつファッショナブルにカッコ良く闊歩できます。 あるいは一本歯下駄を履いていると気づかれても違和感がありません。
  • また、歩くだけでなく、立ち止まった時はバランス練習にもなります。スーパーのレジ待ちや本屋の立ち読み、信号待ちなど効果が大です。意識的に運動することなく、運動できます。つまりトレーニングをやろうと意識しなくても知らずのうちに自然にトレーニングをしているのです。
  •  
  • ・高さの高い15センチ以上の一本歯下駄は天狗が履いていました。神様だから履けるのです。いつ頃から履くようになったのかというと下駄が普及する江戸時代からではないかと思います。
  • ・早くは平安時代に一本歯下駄は使われていたようです。平安時代のお祭りの行進などには武士が高さ10センチくらいの一本歯下駄を履いていました。軽快に歩いています。
  • ・平安時代には大道芸人が笛を吹きながら、20センチくらいの一本歯下駄を履いていました。うまくバランスをとりながら吹く笛はより怪異性を醸し出しました。
  • ・山伏が山中で修行をするときに履いていました。修行法力関わることゆえ、これは秘して語られることはありませんでしたが、山や崖を一本歯下駄を履いて登る姿を村人が偶然目撃をしたのかもしれません。高さは低かったと思われますが、一本歯です。スピードを上げて走ることもできます。
  • ・江戸時代の見世物小屋で一本歯下駄を履いて芸をする役者がおりました。高さ30センチはあるでしょう。
  • ・江戸時代に路上で見世物をする芸人がおりました。高さ30センチです。
  • ・近年、床屋が一本歯下駄を履いて頭を刈っていたという文献があります。10センチ程度かな?
  • ・最近、板前が一本歯を履いているという情報がありました。10センチ程度かな?
  • 2019年9月、岩手山を一本歯下駄で登っている者が目撃されました。ストックを使わず、スイスイと登っていったそうです。
  • 動画、なぜ天狗は一本歯下駄をはいているのか?岩手山に登る。
    ↓BGMあり。音が出るのでご注意!

羽子板と羽根

冬場はお正月用に桐羽子板や羽根も販売します。

羽子板は桐製です。羽根の豆はムクロジ、羽根は鳥の羽です。

  • 無地羽子板12号桐製(36㎝)厚さ1.2㎝
    無地羽子板15号桐製(45㎝)厚さ1.5㎝
    無地羽子板16号桐製(48㎝)売切れ
    無地羽子板20号桐製(60㎝)厚さ2㎝が、
    現在、在庫あります。
    羽子板の厚さも、競技用には特別に1㎝くらいにカンナをかけております。
    • 細口タイプのやかんの湯気を羽根に当てると、羽根がきれいに直ります。
    •  
    •  
    •  
    •  

  • 以下、工事中!
    2020年2月14日(金)09:00
  •  


  •  
  •  
  •  

  •  
  •  
  •  


  •  
  •  
  •  
  •  

  •  
  •  
  •  

  •  
  •  
  •  

  •  
  •  

  •  
  •  



  •  
  •  



123

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

  • 画像はどちらも左配置、マージンは10。リストは右上に。
  • リスト2
  • リスト3

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  •  

  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3

    • リスト1
    • リスト2
    • リスト3
    •  
    •  
    •  
    •  
    •  

    • 先に画像を入れて、左配置、マージン20とする。改行し、水平線を入れる。これを繰り返す。
    • リスト2
    • リスト3

      • リスト1
      • リスト2
      • リスト3

      • 画像を四個並べて、その下にリストを置く。
      • スマホでも見れますが、パソコンで見た方がよいです。
      • リスト2
      •  

        • リスト1
        • リスト2
        • リスト3
        •  

        • リスト1
        • リスト2
        • リスト3

          • リスト1
          • リスト2
          • リスト3

            • リスト1
            • リスト2
            • リスト3

              • リスト1
              • リスト2
              • リスト3
              • リスト1
              • リスト2
              • リスト3
              •  
              •  
              •  
              •  
              •  
              •  
              •  
              •  
              •  

              • リスト1
              • リスト2
              • リスト3





            • 1997年からマック一筋23年。1918に初めてwindosパソコンを買いました。macが日本史なら、windowsは世界史です。日本史なら90点取れる自信がありますが、世界史は10点くらいです。広がりがあるからです。
            •